• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

男気、並盛り!!

某喧嘩師による麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

解説とは。。

ひっさびさの更新。笑
まあ天鳳自体はコンスタントに打っていました...多分。笑

そんななか、つい先日YouTubeにて天鳳名人戦の録画を発見したわけですよ(今更感MAXなのは勘弁...)。
いい時代になったもんだなぁーとしみじみしていると、第三節を観ている際に違和感が...

原因はタイトルどおり、解説をつとめていた某プロのおかげなんですけどねー。
違和感をとおり越して不快におもわれた方も多くいそうですね。。
気になる方は第三節の開始2時間後ぐらいをみてもらえればいいかと(てきとーでごめんなさいw)。


ここからは簡潔に僕の意見を少々。

まず一番の問題は解説になっていないこと。
あれでは批判だか自論だかを述べているだけ。

「この鳴きは理解できない。麻雀としてやらないほうがいい。」
というのは自論。というか批判。視聴者はそんなコメントまったく期待していない。

「私は鳴かないけど、このプレイヤーはこういった狙いで鳴きました。」
というのが簡単な解説。

要約すると、自論を述べるのは悪くないけど最低限の解説はしてください、ということ。
個人的には、ちょっと初歩的かな?ぐらいのところまで解説したほうがよろしいかと。
やっぱり麻雀初心者が理解できないところを補完するような解説は少なからず需要がある。
初・中級者置いてきぼりではあまりにも寂しいし、そもそも解説とはそれを補うものだと僕は捉えている。


二つ目の問題はあからさまな批判。
おそらく視聴者の中で不快に感じた人はこれが原因かと。
上記の「麻雀としてやらないほうがいい。」というのはあきらかに批判。
(まあでもこのあたりは昭和と平成の埋まらない溝というか...笑)

しかし、そんな批判をしたくなる気持ちは理解できる。
おそらく簡単な例を出せば理解してもらえるかと。。

某連盟のおじーちゃんたちが、麻雀を打っています。
彼らは「役牌いち鳴きとか我慢が足らんわい。ふがふが」というではありませんか。
さらには役なし愚形リーチをすれば「へたくそ!」と怒り出します。
もはや昭和をとおり越して弥生打ちです。卑弥呼もビックリなわけですよ。

では、もしこのおじーちゃんたちの麻雀の解説を頼まれたとしましょう。
どーなりますか??

というのが簡単な例えです。わかりずらいですね。笑

つまりは他人の打牌に対する理解が解説者には必要不可欠なわけですよ。
「いや、ぼく天鳳打ってないんでwww」っていうのは、もはやなぜ解説者としてそこにいるのか理解できない。
つまりは、「天鳳打ってないからこの打牌の意味わかりません」という発言をしちゃう時点で解説者失格でしょ、という意味。もはや自分の仕事を理解していないレベル。ふつうの麻雀だったら...とか言っちゃう時点でアウトだけど。笑

よーするに、自分が呼ばれた側だからといっても、最低限の仕事をするべきではということ。


まあだいたいこんな感じですかねー。
もともとぼくは他人の打牌にいちいちケチつけたりあたまごなしに批判する人が嫌いなわけですよ。
というか、そーゆー人たちって養分勢が多数なんで、あんな風にはなりたくない!ってのが本音です。笑

だからべつに昭和麻雀とか弥生麻雀wを批判する気なんて全然なくて、自分なりに理解はしています。
理解したうえで、いち鳴きとか愚形リーチとかしてるんですよねー。


まあそんなわけで、雀力向上には柔軟なあたまが大切だとお伝えします。笑

←批判ばっかしてた人は滝行へGO!
  1. [ edit ]
  2. 天鳳
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0
スポンサーサイト

ひでぶっ



2014071819gm-00a9-0000-e681bc53tw=2ts=6.jpg


*参考:「きたねぇ花火」

o0480072812918837895.jpg



ぴっぼんっ



tenhou_prof_20140718.png

無駄に華々しく散ったwww

いやだー天鳳界のキュイ(うえの爆発くんねw)はいやだー 泣

というわけで精進します。
ソンナワケデカクヘンクダサイオネガイシマス

←元気ください 笑
  1. [ edit ]
  2. 天鳳
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

谷底なう。

tenhou_prof_20140622.png

谷底なう。笑



いつの間にここまで...(´・ω・`)

てかptの関係で打つ鳳東がやばいw
別ゲーわろた。。

もう鳳東怖いから打たないお。。笑

とりあえず気合で復活できればいいなー...
とか思いつつ頑張ります!(`・ω・)ノ

←チャオ!って人はクリック!w
  1. [ edit ]
  2. 天鳳
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

おひさしぶりです(*´・ω・)ノ゙

超久しぶりに更新!!
人類諸君、おまたせ!!

更新しなかった理由がパスワード忘れて放置してたからなんて言えないw(´ω`*)


まあいずれにせよ、最近天鳳がおろそかになっているのは事実でありんす。。。

そんなわけで最近のやつをひとつ。

2014040116gm-00a9-0000-71d4eceatw=2ts=14.jpg

オーラスで死ぬほどあがりすぎてホントに死んじゃったやつ(´・ω・`)

あんまり打ってないときに限って接戦になったり、
めんどくさい展開になってる気がする。。

で、これってチーですかね?
僕はスルーしたんですけど。。
なんかどっちでもいいよーなよくないよーな...
マジョリティが気になるところではありますねー(`・ω・´)

←久しぶりにクリック!(´ω`*)
  1. [ edit ]
  2. 天鳳
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

なにきるー??(解答編)


2014030600gm-00a9-0000-c7a8ecc4tw=0ts=1.jpg

前回のなにきるについて、とりあえず個人的な見解をのべてみようかなと。

ポイントは、
1.下家と対面の最終手出し牌が四筒
2.四筒は4枚とも見えている。

これだけで、打牌は六筒切りリーチ一択になります!
(*あくまで個人的な見解です...(´・ω・`))

そして、説明はめんどくさいのでテキトーにやります!!(`・ω・´)キリッ

まず下家について。
最初に四筒を打ってから、間をあけてからの打四筒
こーゆーのはだいたい二筒二筒四筒四筒四筒四筒六筒六筒四筒四筒六筒八筒
からの打四筒四筒です。


そして対面について。
対面は最終手出し四筒ですが、四筒は全見えにつき、またぎ筋はありません。
よって、二筒二筒四筒四筒六筒六筒四筒六筒八筒のいずれかの形が想定されます。

ちなみに、二筒は前巡に通しているので、下家、対面ともに二筒を使った形は否定されます。

これらを総括すると、
1.六筒七筒もあたりそう。
2.六筒は使われてるかもしれないけど、七筒は使われてる可能性が低い
3.上家は知らん。。(´・ω・`)

というわけで、降りないのであれば六筒切りリーチ!でどうでしょうか?w

まあ、普通に六筒七筒八筒とかで使われてたにしても、六筒よりは七筒のほうがましだよね!
ぐらいの感覚でいい気もします。

天鳳は時間制限があるので、いかにすばやく考えられるかってことも雀力に影響してきます。
こーゆーいわれてみれば簡単なやつでも、
時間がないゆえに「とりあえずオリとこ...」ってなる場面があったりしますよねー(´・ω・`)
あーゆーミスをひとつでも減らしていくのが今後の課題です。。

←説明下手でごめんっちゃ!w
  1. [ edit ]
  2. 天鳳
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

喧嘩師☆花山

Author:喧嘩師☆花山
某喧嘩師。
俗称二代目。

最新トラックバック

twitter

BLOG RANKING

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。